1. ホーム
  2. 進路について/卒業生メッセージ

卒業生メッセージ

八女学院で培った力をベースに次のステップへ。

2016


井上 美由紀
九州大学
文学部
人文学科

中学時代は行事も多く、先生方も気さくで毎日楽しく学校に通っていました。高校に入ってからは、ボランティア活動に参加したり、部活でも上級生として任される仕事が多くなったりと一気に忙しくなりました。しかし、部活など勉強ができない言い訳にしたくないと思ったからこそ勉強もがんばれました。

高3の受験の時期は、今までにない勉強量の上、スーパー選抜への期待で押しつぶされそうになることもありましたが、先生方や家族の支えがあって、何とか進路を決めることができました。

この6年間で私は勉強以外にも多くの事を学び成長することができました。八女学院の先生方、笑い合った友人達、そして八女学へ通わせてくれた家族への感謝の気持ちでいっぱいです。


園川 真菜
熊本大学
医学部
保健学科

私は、スーパー選抜クラスに所属していたおかげで、受験を意識し始めたのは早かったと思います。

高2になり、最初は具体的に何をすればいいか分からなかったので、とりあえず問題集を買って解き始め、定期考査もきちんとこなしていきました。成績が伸び始め、模試でも良い判定が出るようになりました。

私が最後まで頑張ることができたのは、いつでも相談に乗ってくれて励ましてくれた担任の先生、大量の質問に丁寧に答えてくれた先生方、一緒に頑張ってきた友達、私の進路を熱心に考えてくれて、弱音や不安を根気よく聞いてくれた家族の存在があったからだと思います。本当に感謝しています。


西村 紀映
山口大学
医学部
保健学科

部活で忙しいながらも、中学1年生の頃から定期考査に全力で取り組んできたことは、受験勉強をするにあたってもたくさんのメリットがありました。知識を多く蓄えていたことはもちろん、勉強をする習慣や集中力がついていたこと、自分に合う計画の立て方を知っていたことなど、本当に良かったと思います。

志望校を決めたのは、高校2年生の夏でした。看護師になりたいという夢を持っていたため、学部はすぐに決まったのですが、大学選びに時間がかかりました。その中で、特に4年間で取得できる資格や、特色のある講義があることに重点を置き沢山の大学を調べました。最後の決め手はオープンキャンパスでした。志望校に合格したいという強い気持ちを最後まで貫き、合格できました。


坂井 妙子
九州大学
農学部
生物資源環境学科

つらかった受験生活を乗り越え、この春ようやく合格通知を手にすることができました。

私は理系ですが、数学が大の苦手で、「なぜ理系にしたんだろう」と思うことが何度もありました。実際、センター試験や二次試験でも数学が足を引っ張りました。それで、今苦手教科がある場合、それを重点的にやっておくと、受験ですごく楽になります。

勉強を長時間続けていると、つらくなってやめたくなることが何度もありました。でも、大学に合格するための努力ができるのはこの1年間しかないと思って頑張ってきました。

最後に、支えてくれた友人や先生方に感謝したいと思います。1人では乗り越えられませんでした。ありがとうございました。


松野 なな子
長崎大学
医学部
保健学科

高1になってまずずぶつかった壁が「中学とのギャップ」…中学生活に比べると高校生活はやはり忙しい毎日でした。

特に、進路のことを真剣に考え始めることは、中学時代とは大きな違いでした。勉強をしていくものの目標が決まらず、「何のために勉強しているのか」と自問自答することもしばしば。目標が決まっていざ勉強。けれども次に出てくるのは「どうしたら成績があがるのか」

悩み、そして解決を繰り返した八女学での6年間。私が悩むだけで終わらなかったのには理由があります。私の不安に耳を傾けてくださった先生方、友達、家族。本当に感謝しています。2016年3月、私の目にはしっかりと次なる目標が映っています。


甲木 博啓
佐賀大学
理工学部
都市工学科

私は、中学1年生の時から6年間、軟式野球部に在籍しました。高校生になると、受験のことが頭にちらつき始め、焦りが出てきました。

そんな自分に転機が訪れたのは、高校1年生の終わり頃です。選抜コースへ転コースをすることになったのです。そして2年生の春、新しいクラスでのスタートとともに私が実感したのは、周囲の人たちの受験に対する意識の高さや熱意の強さでした。私もそんな人たちの刺激を受けて、受験生へと変わっていきました。

受験生としての生活は、想像していたものよりはるかに充実したものでした。「受験は人を成長させる」とよく耳にしますが、自分もそれを実感できた一人なのかもしれません。八女学院で受験生としての生活を経験することができて本当に良かったと思います。有難うございました。