1. ホーム
  2. 学校案内/学校長メッセージ

学校長メッセージ

学校長 入部 清隆

学校長 入部 清隆

地域から信頼される八女学院を目指して
~創立100周年に向かって~

本校は、校是(建学の精神)「役に立つ人物になれ」を教育理念に掲げ、大正12年(1923年)に八女技芸女学校としてスタートしました。その後、校名の変更はあったものの、大正・昭和の激動期を経て平成の今日まで地域の中学生・高校生の教育に携わって参りました。現在私学を取り巻く状況の変化と少子化に直面し、改めて継続の重みと教育に対する責任を感じております。

平成4年(1992年)「八女学院高等学校」と校名変更した際、校訓「自律・叡智・調和」を制定いたしました。「自律」の心を持った「叡智」ある「調和」のとれた人間性豊かな生徒に育ってほしい。将来、その場その場で「役に立つ人物」「社会に貢献できる人物」に成長してほしいと願い、日々の教育を行っております。

ここ数年、生徒たちは進学実績をあげると共に、クラブ活動などにおいても素晴らしい結果を残してくれています。今後更なる「八女学院」を創造していくためには、「教育の中身」と「進学実績」などの「学校力」を高めなければなりません。また、在校生には「八女学院生としての品格」が今まで以上に求められることになります。

「教育は人なり」と言われますように、私たち教職員が「人間性」と「力量」を身につけ、「情熱」をもって生徒の教育(指導)に当たり、「どのような生徒を育成していくのかという明確な目標と覚悟」を持って生徒と関わっていかなければならないと痛感しております。

本校に入学してきた生徒たちが必ず進路目標を叶えられるよう、職員が一丸となり、一人ひとりをきめ細やかにサポートして参ります。生徒の皆さんも「入れる大学」ではなく、「入りたい大学」に合格できるよう努力をしてほしいと思います。

これからも、八女学院が歩んできた道をもう一度精査し、人間教育はもちろんのこと、進学教育を重視しながら、創立100周年に向けてハード・ソフト両面にわたり、「学校改革」を大きく推し進めていく所存でございます。