1. ホーム
  2. 教育内容/中高一貫教育について

中高一貫教育について

先取り授業と手厚い指導で着実に伸びる6年間

6年後を見据えた独自のカリキュラムを実施しています。5教科の授業時数が公立中学校よりも多いので、中学分野の学習内容で足踏みすることなく、中学3年次から高校分野の先取り授業を行えます。6年後に必ず進路実現できるよう、効率的に丁寧に実力を養成していきます。

中高一貫表組み

中高一貫表組み

※上記の表をクリックで拡大します。

  • 古典に親しむ

    百人一首や論語に早くからふれることが大学入試で問われる古典分野の強化につながります。大学入試における古文は和歌の解釈も求められます。中学時代からその素養を培うことには大きな意義があります。また、論語では素読、暗唱により独特な表現になれ、書き下し文など基本的な事項を身につけることができます。

古典に親しむ

  • 英検指導

    英検を年に2回受検しています。英検を受検することで、英語のレベルとモチベーションの向上をサポートします。朝や放課後時間を使って、筆記、リスニング、2次などの対策を行っています。中学3年時に準2級(高2レベル)、2級(大学入試レベル)を目標にしています。

英検指導