1. ホーム
  2. 建学の精神・校訓・校章

建学の精神・校訓・校章

役に立つ人物になれ

本校の前身である八女技芸女学校は、「役に立つ人物になれ」を根本精神として、大正12年(1923年)に創立されました。その後、学制改革などで何度か校名変更がおこなわれ、平成4年(1992年)に男女共学の「八女学院」が誕生した後も、この精神は今日まで脈々と受け継がれています。
一人ひとりが、国内外、家庭、職場を問わず、社会のあらゆる場所で、如何なる状況下においても、精一杯光り輝きながら生き抜いてほしいという願いがこめられています。

校 訓

平成4年に「八女学院」が誕生した際に、建学の精神を受け継ぎながら新たに
「自律」「叡智」「調和」を校訓に制定しました。「自律」心を持った「叡智」ある「調和」のとれた「社会に適応し貢献できる人物」を育てることが目標です。

  • 自 律
    他からの支配や自然的欲求などに拘束されることなく、自らの意志によって内面的規範を立て、これに従うことです。自ら正しく考え、自ら正しく判断し、自ら正しく行動することが、この自律です。
  • 叡 智
    深く物事の道理に通じ理性を支える高い才知であり、真理を洞察する精神能力のことです。
    これは、人格の完成を目指すための基本であり、物事を行う際にその行動判断基準の根底にあるべき能力です。
  • 調 和
    偏り、矛盾や衝突などがなく、全体的に釣り合ってまとまっていることです。
    時代、国、地域や場所を問わず、私たちが社会生活を豊かに営む上においては、相互尊重、高い次元の協和、協調が望まれます。この心を持って、行動していくことが世界の秩序を維持し、社会の向上につながります。

校 章

八女学院 高章

三角形は、向上心を表し、日々努力して前進していく八女学院の姿を象徴しています。三角形の中心にあるペン先は教師、両サイドは生徒を表しています。共に寄り添いながら信頼し合おうということです。ペンの下の模様は松の木で、自然を大切にしようという意味です。