1. ホーム
  2. 進路について/卒業生メッセージ

卒業生メッセージ

八女学院で培った力をベースに次のステップへ。

2016


星野 智寛
スーパー選抜コース
九州工業大学
工学部
機械知能工学科
(立花中学出身)

私は、中学生の頃、「高校では生徒会の体育委員長になりたい。」という希望を持っていました。しかし、クラスの事情によってその希望はかないませんでした。その悔しさをエネルギーに変える決意をし、周囲の人たちがまだ受験モードに入っていない中、2年の秋から本格的に受験勉強を始めました。先生方によく質問しました。どの先生もとても親しみやすく、丁寧に教えてくださいました。素晴らしい環境の中、勉強に励むことができたことに、今はとても感謝しています。

校外模試も多数受け、校内では経験できない緊張感や刺激を味わい、受験へのモチベーションは更に上がっていきました。本番の入試で全力を尽くせたのは、この経験が大きいと思います。

最後になりましたが、八女学院で3年間過ごすことができて、本当に良かったと思います。有難うございました。


樽見 莞奈
スーパー選抜コース
鹿児島大学
農学部
食料生命科学科
(筑邦西中学出身)

私は3年前、公立高校を受験せず八女学院を第一志望として合格し入学しました。思い返すと、あっという間であり、またとても充実したものであったと感じています。

3年間、良い意味で自由に過ごしました。八女学院は先輩後輩の壁がほとんどなく、先生との距離も近く、自分の概念が覆されたことを覚えています。また、私は3年間クラス替えがなく、クラスメイトとの仲はとても深まりました。そのおかげで受験生であった1年間、みんなで励まし合いながら明るいクラスを保てました。

高校生活は一生に一度しかありません。それを八女学院で過ごすことができて本当に良かったです。一生付き合っていきたいと思える恩師や友人に出会えたことは自分にとって財産になると思います。


大熊 宥正
進学コース
福岡大学
法学部
法律学科
(江南中学出身)

八女学院を卒業して思った事は、「この学校に入学して、本当に良かった」という事です。

八女学院の生徒はみんな品格があり、とても和やかな雰囲気ですが、体育祭では皆が熱くなって一致団結できるという素晴らしい所もあります。

志望校に合格できたのもの先生方がいつも一生懸命に指導をして頂いた事と、親の支えがあったからです。

八女学院ではたくさんの人が夢をつかんでいます。皆さんも八女学院での生活を大切に、将来に向かって頑張って下さい。


服部 晃世
スーパー選抜コース
九州工業大学
工学部
建設社会工学科
(羽犬塚中学出身)

大学受験を終え、自分の受験に対する考えが甘かったことを痛感しました。高校1・2年生の時は、しっかり勉強していればどんな大学にも合格できると思っていましたが、現実は違いました。入試会場の雰囲気と緊張感で、自分の全ての力を出すことができませんでした。私立の入試は、ほとんど失敗。受験を通し、世の中には思いどおりにいかないことがあることを学びました。

3年生からは、休日開放を利用し毎日学校へ行きました。同じことの繰り返しで、とてもきついと感じました。特に、国立大学の前期入試が終わり合格発表を持つ期間の勉強はとてもつらいと思いました。でも、そのつらい気持ちを経験したことは、自分のプラスになったと思います。

最後に、今日まで支えてくれた両親や、お世話になった先生方に、感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当に有難うございました。


松前 天
選抜コース
福岡教育大学
教育学部
初等教育教員養成課程
(城南中学出身)

八女学院に入って3年、本当に色々なことがありました。生徒会長になり、吹奏楽部で活躍しながら勉強を頑張っていくという充実した生活でした。怒られたこと、注意されたことも本当に沢山ありましたが、それも今となってはよい思い出です。これからはこの思い出、記憶を胸に自分の夢を追いかけていきたいと思います。

先生方、いつも迷惑ばかりかけてすみませんでした。そして、そんな私をしっかりと導いてくださり、ありがとうございました。

これから入学してくる人たちへ、八女学院は明るく元気でいい人たちが沢山います。ぜひ、積極的に行動して、仲間や思い出を沢山作って下さい。

最後に、3年間素敵な学校生活を送れて本当によかったです。今まで本当にありがとうございました。


古賀 功記
特進コース
福岡大学
商学部
商学科
(羽犬塚中学出身)

私が八女学院に入学し、卒業するまでの3年間、長いようで短かったその時間も思い返して見れば学校生活はもちろんのこと、部活動からも多くの事を学びました。

1年生の時には先輩方に色々教えてもらい、2年生の時には後輩へ教えることの難しさを知り、3年生の時には最上級生である責任感を学びました。部活動を通して得たこれらのことは、私の人生の中でかけがえのない物になることでしょう。

最後に、3年間を支えてくださった先生方、家族、友人今まで本当にありがとうございました。